印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


オーダー焙煎珈琲豆専門店 コーヒーロースト東海

HOME > order roast

煎りたて、新鮮こそがコーヒーの味

コーヒーの白い花が咲いてやがて実が生ります。
熟してくると赤く実ってきます。なかには黄色に実るものも。
皮をむいて果肉をとった種がコーヒーの生豆です。
当店は世界各国のスペシャルティコーヒーを仕入れ、生豆をその場で焙煎(ロースト)する珈琲豆専門店です。
煎りたて新鮮な豆で珈琲を淹れると、モコモコと大きく膨らみます。
コーヒーの種類と焙煎(ロースト)の組み合わせは自由自在!
あなた好みのオリジナルコーヒーが仕上がります。

世界のコーヒー豆

コーヒーロースト東海は世界のコーヒー生豆をその場で焙煎・販売しています。
カップオブエクセレンス入賞生豆、プレミアムコーヒー生豆、限定品などもお試し下さい。





コーヒーの生産国は、赤道をはさんで南緯・北緯25度のコーヒーベルトと呼ばれる帯状のエリアに分布しています。世界の約60ヵ国で栽培されているコーヒーは、ブラジルとコロンビアの2ヵ国だけで国際市場の約40%を占め、中南米を含めると約60%にもなります。
それ以外ではベトナムやインドネシアなどの東南アジアと、エチオピアやタンザニアなどのアフリカで栽培されています。
コーヒーノキは熱帯性の常緑樹で、アラビカ種の栽培に適した環境は、気温が16~24度、標高が600~1800m程度、また、ロブスタ種の場合、気温が24~30度、標高が200~600m程度といわれ、両種とも成長サイクルに合った適度な降雨を必要とし、よく肥えた土壌や火山灰土壌が理想とされています。
世界のコーヒー生産量の約70%を占める、香り豊かなアラビカ種は、ブラジル、コロンビアをはじめ、メキシコ、グァテマラ、コスタリカ、ホンジュラスなどの中南米を中心に栽培されています。また、アフリカでは、エチオピアやケニア、タンザニアで主に栽培されています。なかでも特に、海抜の高い地域で栽培されたコーヒーに比較的良質なものが多いようです。
また、ロブスタ種は、味はアラビカ種に劣るものの、強い耐病性と気温適応範囲が広いため、積極的に栽培されるようになり、主にインドネシアをはじめ、ベトナム、ブラジル、アフリカ諸国などで栽培されています。

焙煎ポイント

焙煎の度合いはお客様の好みに合わせてローストいたします。
また「おまかせ」いただければ焙煎士が銘柄の個性を引きだす焙煎を致します。





コーヒー豆の焙煎の度合いは、大きく「浅煎り」「中煎り」「深煎り」の3段階に分けられます。しかし3段階では味を細分化できないため、8段階に分類されることもあります。傾向として、浅いほど酸味が強く、深いほど苦味が強くなっていきます。


焙煎度合いを浅煎りから順に説明すると、黄色が勝った小麦色でコクや香りが薄い最も浅煎りの「ライトロースト」。 シナモン色で酸味に優れておりライトローストに比べるとコク・香りともだいぶ強い「シナモンロースト」。 酸味だけでなく苦みが出てくる栗色の「ミディアムロースト」。 栗色とこげ茶色の中間の色合いで酸味が抑えられ苦みと甘味のバランスが良い「ハイロースト」。 こげ茶色で酸味とロースト感のバランスが良くジャーマンローストと呼ばれることもある「シティーロースト」。 やや黒い色をしており酸味が抑えられ深いコクが特徴の「フルシティーロースト」。 ほぼ黒色で焙煎が強くコーヒー豆の表面に脂肪がにじみ出ている「フレンチロースト」。 最も焙煎が強く色は真っ黒で苦みの強い「イタリアンロースト」に分けられます。

粉のグラインド

豆の粉砕度合いもお客様のお好みに合わせてグラインドいたします。
もちろん豆のままのお渡しも可能です。


抽出方法によって豆の粉砕度合いも変わってきます。
エスプレッソや水出しでは「細挽き」。
ペーパードリップ・ネルドリップでは「中挽き」。
サイフォン・パーコレーターなどは「粗挽き」ですが、
お好みにより10段階のグラインドからお選びいただけます。
ご注文の際には粉か豆のご指定も可能です。